クレジットカードはきちんと返済するのが鉄則です

クレジットカードを使う時には、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。まずよくいわれていることですが、キャッシュレスであるため、つい気前よく使い過ぎてしまい、後で払えないということになりがちです。使う時はきちんと計画を立てるようにしましょう、服や靴を買う場合、あるいは光熱費やプロバイダー料を払う場合などに限定するのもひとつの方法です。きちんと返済することで、その人の信用も高まるため、数年でゴールドカードを手に入れるのも夢ではありません。逆に返済状況が悪く、延滞を繰り返すとブラックリスト入りしてしまい、クレジットカードを解約されてしまうこともあります。クレジットカードとは、あくまでも、その人の信用の上に取り引きが行われることを忘れないようにしてください。

東京メトロを通勤で使うなら

通勤定期は割引度が低い、営業の仕事で必ずしもオフィスには行かないという人も沢山いるのではないでしょうか。折角、区間定期を買っても、指定区間を15回以上乗って1ヶ月定期の元がとれたり、区間外一駅出ただけで初乗り料金がかかったりします。もし、お仕事やお出かけで東京メトロをお使いになることが多いなら、東京メトロ to me card を作り、pasmoと連携することをおすすめします。gold card なら、東京メトロへの乗車1回で平日20ポイント、休日40ポイントのメトロポイントが貯まり、pasmoに1ポイント1円の価値でチャージできます。平日に仕事で東京メトロを往復で使用した場合、1日40円の還元が受けられる計算になります。但し、gold card は年会費がかかるので、1年の交通経路及び交通費とよく照らし合わせて考えてください。

クレジットカードは買い物を楽にしてくれる

買い物の料金を支払う方法としては、クレジットカードを利用した方法があります。そこで、このクレジットカードは買い物を楽にしてくれます。現金は必要なく、クレジットカードをレジの時に店員に渡すだけで支払いが完了しますので、現金を持ち歩く必要がほとんどなくなります。特に大きな買い物をする時には、現金払いですと財布の中にそれなりのお金を入れておく必要があります。しかし、クレジットカードですと、そのような事もないです。ですので、現金を落としてしまったというような事態にもなりにくいです。カード払いですので、レジの時もスムーズに会計できますし、無駄な時間を省く事もできます。このように、買い物時を楽にしてくれますので、お得なアイテムです。

年会費がかかるクレジットカードはポイントが多く貯まりやすい

クレジットカードには年会費が無料のものも多くありますから、あえて有料のものを使う意味ってないんじゃないか?と思っている方も多いかもしれませんが、実は年会費がかかるクレジットカードを持つ意味はあります。それがポイントに関するものです。利用に応じてポイントが貯まるのがクレジットカードですが、その貯まりやすさが違います。無料のものと有料ものでは還元率と言われる部分が違うので、同じ金額の買い物をしても、年会費が取られるクレジットカードの方がポイントが多く貯まるということになります。クレジットカードを多く使えば、貯まったポイントで年会費の金額はチャラにできますし、人によっては年会費がかかるクレジットカードを使った方が、年会費がかからないものを使う場合よりも得をすることもあるのです。

知らないうちにけっこうポイントが貯まっていました

クレジットカードの明細書を見てポイントがいつの間にかけっこう貯まっていることに気が付きました。その時までポイントがあるなんてことすら忘れていました。そのポイント、ネットで調べてみたら使い道がいろいろ有ることを知りました。ということで早速クレジットカードの公式サイトへ行き、ポイントを全部別のサイトで使えるポイントへと交換しました。即交換出来るので結構使いやすいですね。クレジットカードのポイントの有効期限が一年、私が今使っているクレジットカードを使い始めてのが三年前、けっこう失効したポイントがあるのかと思うと後悔です。普段とくにクレジットカードのポイントなんか意識しませんよね。クレジットカードのポイントを今まで一度も使ったことが無い、そんな人は一度調べてみた方が良いと思います。もしかしたら私のようにけっこうポイントが貯まっているかも知れませんよ。

友人との食事代もクレジットカードで支払います

私は日頃からよくクレジットカードを利用しています。利用する場面はいろいろとありますが、ポイントを貯めるために高い金額のお会計の際には必ず使うようにしています。例えば友人達と食事や飲みに行った時は合計の会計金額が当然高くなりますよね。普通はその場で皆がお金を出し合って支払うと思いますが、私は自分のクレジットカードで支払ってしまいます。その方がポイントも貯まりますし、お会計の際にバタバタすることも無いからです。友人達からはその後にお金をもらえば良いのです。また、水道光熱費やネット代、電話代なども1枚のクレジットカードで支払うようにしています。こうすることでお金の管理もしやすいですし、そのカードのポイントを効率的に増やすことが出来ます。

気の重い年会費

便利なクレジットカードは日常生活で当たり前のように利用しています。利用明細もインターネットを使っていつでも確認できるので、安心して使えます。そんなある日、請求金額確定メールが届いたので見てみると、だいたいこのぐらいだと思っていた金額よりも請求金額が多くなっているのです。慌てて明細を確認しました。そしたら年会費とそれに伴う諸々の会員会費が請求されていました。それが高いこと高いこと。年会費が無料ものものあるのに、なんでこんなに取られるのかかなりの不満です。そして毎年思います。ここのクレジットカード解約しようかな、と。しかし、ここの特典は一番利用しているし、利便性を考えると毎年思いとどまっています。そろそろそんな季節がやってきます。

クレジットカードを作り替えようかと思っています

私が使っているクレジットカードは月に1万円以下の利用だと、データ管理料が100円かかります。先月の利用額が9551円、今月の利用額が9715円だったので先月、今月とも管理料がかかってしまいました。あと数百円で管理料が不用になる時って何か買って1万円以上にしておこうと思うのですが、ぼんやりしているせいかいつの間にか期限がきていて支払うはめになってしまいます。管理料を支払わないために何か買い物をするというのもおかしな話ですね。今は年会費無料のクレジットカードも増えているみたいなので、新しく作り替えたほうがいいかなとも思います。ずい分昔に作ったカードで何となく使い続けていますが、色々見直したらもっとサービスが良いカード会社が見つかりそうです。

クレジットカードですべての支払を。

クレジットカードですべての支払を払うことでポイントがたまります。これは商品券や図書券、または物などに交換できるためにたくさんためたいものです。また航空券などにも買えることができるマイルなどに替えて海外旅行などに行けるようになるのはお得で一杯ですね。このように毎日でもコツコツとクレジットカードでポイントを貯めることが大事ですね、ほとんどが100円位からつきますので毎日でも買い物する機会はあると思います、毎日コツコツと貯めると1年では相当なポイント数となっていることなのでやる気も出てくるでしょう。また普段の買い物から公共料金の支払、ETCなども全て合わせることができるのでクレジットカードに一枚に合わせると良いかと思います。

クレジットカードの作り方を行う上で大事なポイント

クレジットカードの作り方としてはまず始めに重要なポイント2点を紹介していきます。クレジットカード会社はまずはそのお客についてきちんと利用できる人物かを確認したいのがまず一番の条件となります。過去に返済能力がなく、実績も経歴もない人物はローン会社だけでなく、クレジット会社も信頼がないため作ることは難しい。その人物が返済する能力があるのかが信頼を気づく上で大切です。そのためにもまず始めに求められるのは仕事と住所ただ仕事に関しては何でもいい訳でなく、正社員か非正規かである程度判断されます。ランクの低いクレジットカードは誰でも作成することもできますが、そのかわりサービスや特典などの質に関しては落ちます。ランクが高い会員制のカードは上がれば上がるほどキチンとした身分保障が求められます。ただランクが高いカードは年会費の掛かるカードも多いため注意が必要です。ともあれ普通に働いている状況であれば、ある程度のカードが作成することができます次にクレジットカードを選ぶ上で重要なのが、自分にあった特典はなんなのかが大切です。特に他でよく使うお店のカードの場合は専用カードを使うことでそのポイントがたくさん入ったり、特別なサービスを受けられるななど自分にあったクレジットカードが増えてきました。そのために自分が利用しやすいようなカード作りが一番です。初心者にとってはたくさんあるカードがありどれがいいか迷ってしまいますが、自分にあったカードを作ることによっていままで損していたことが得になることもあるのでぜひ早めに作ることをおすすめします。クレジットカード作り方は、そこまで難しいことではありませんので、なんとなく気に入ったカードから作ってみるのもいいかもしれません。

© 2016. "私が所有するクレジットカード". A theme by Sampression. Powered by WordPress.